スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tried to look this change from a different...





ZEOvitを始めてからCa値が推奨値より低い日々が続いていた
Caリタクターのメンテを行い、CO2の添加スピード上げてCaメディアからの
溶け出しを期待した

しかし、一向にCa値が上がらない
そこで今から1ヶ月前くらいから照明時間以外にもCO2添加を継続し、更なる
Caメディアからの溶け出しを期待した

しかし、一向にCa値が上がらない
Caの他にKHも下がり出し、6あるかどうかだった

先週末に緑色のCO2ボンベ(通称:ミドポン)が空になった
我が家ではCO2の補充は近所の青果店で行っている
ただ、充填済みの新しいミドポンが常に店にある訳ではなく、大抵、2,3日
待つことが多い。今回も2日待った

すると不思議なことが起こった
CO2が切れて翌日に、ミドリイシを見ると何だか普段より元気になっている
よくよく見ると成長点が際立って出ていることを確認できた
毎日観察しているので、この変化に気が付いた
明らかに普段とは違う、著しい成長だった

CO2が切れて2日目、まだ新しいミドポンは届いていなく、CO2添加が無い2日目
だったが、ミドリイシの成長点はさらに広範囲に及んだ

 CaリアクターのCO2添加が無い
  → Caの溶け出しが鈍り、Ca値が低いのがさらに低くなる
   → ミドリイシの成長は鈍る

頭の中ではこう考えたのだが、実際は、CaリアクターのCO2添加が無い日を
境にミドリイシがどんどん成長している

この期間に普段の飼育と何か違ったことをした憶えは無い
普段通り10%の水換え、エサやり、水槽全面苔とり、各種ZEOvitの添加くらい

普段と違うところは明らかに、「CaリアクターのCO2添加が無くなった」こと

状況からすると、これが原因でミドリイシの成長のスイッチが入ったと考える
方が素直

 ?? なんで ??

理解できないまま、何気なくKHを測ると、それまで6くらいで低かったのが、
8にまで上昇していた

 もしかして......
  CaリアクターのCO2添加が過剰すぎて、Caリアクター内でCO2が留まらず、
  水槽内まで流れ込み、水槽水のペーハーが酸性に傾いていた......

 そういえば、Ca値が一向に上がらず、ヤケになって1秒間に2滴くらいの
 CO2添加量になっていたっけ.......

 一般的にペーハーが酸性に傾くと、KHもCaも上がりづらい
 CaリアクターのCO2添加が無くなり、普段の毎日水換えでペーハーが正常に
 戻ると、KHもCaも上昇し易くなり、結果、ミドリイシが成長する......

CaリアクターのCO2過剰添加が原因だとすると、目の前で起こっている現象
に対してほぼ辻褄が合う

普段はKHの測定はしているのだが、ペーハーの測定はしていなかった
よってCa値が低い時期のペーハーは分からないが、CaリアクターのCO2添加
を行っていない今、測定すると正常値の8.2であった

長い間、Ca値が上がらないことを悩んでいたが、これで少しスッキリした


息子 「お母さん!またお父さんが水槽の前で独り言、云っているよー!」

妻  「見ちゃダメー!アンタもお父さんみたいになるでー!!」


今宵はこれまでにしとふございます

DSC06493_convert_20150612223941.jpg

p.s.1,2枚目写真は、最近成長著しいサンゴの成長点部分
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。