スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

So now, restart part3


DSC05415_convert_20150501234943.jpg



次に問題なのが、水換え作業だ

欧州諸国では水換えをなるべくしない飼育を前提として、アクアリウムの飼育レベル
が向上してきた背景がある

理由は簡単で、水道水が高価な上そのままでは余りにも硬度が高過ぎる硬水だからだ
水換えをしたくとも、出来にくい環境にある

一方、日本は水換えに適した軟水であり、かつ、水道水が安い
水換えに大変適した、ありがたい環境なのだ

 「水換えに勝る濾過は無い」

淡水でも海水でも通じる、おそらく、誰もが認めるアクアリウム界の格言であろう
水換えによる効果としては、よく以下のことが云われている

 ・消費された微量元素の補完
 ・老廃物の除去
 ・硝酸塩、リン酸、ケイ酸の除去
 ・過剰添加による成分の是正
 ・イオンバランスの調整
 ・バクテリア偏性の調整
 ・生体への活性化、等々

こう書くと水換えは、生体による微量元素の消費に対しての補完以外にも様々な
効果があり、引いては、コケの繁殖や病気の蔓延への防止にもつながり非常に
有益と考えられる

こんな有益な水換えであり、かつ、水換えをしやすい環境でありながら日本の
アクアリストは水換えに対しては消極的と思える

 理由は一つ
 作業が面倒くさいからだ

水換え作業をざっくり列挙すると以下になろうか

 ①RO水作成(溜め時間、温度調整含む)
 ②海水作成(給水用バケツ、拡散作業、塩分濃度調整含む)
 ③水換え前準備(排水用バケツ、汲み上げ用ポンプ等の道具)
 ④排水作業
 ⑤給水作業
 ⑥後片付け(給水用バケツ、排水用バケツ、汲み上げ用ポンプ等の道具)

上記の①~⑥の作業の中で、なるべく手作業の掛らない工夫が出来ているかどうかで
面倒かどうかは変わってくる
作業効率化という観点で、効果を見込めるポイントをまとめてみた

①②について、RO浄水器や貯水タンクの設置場所を確保できれば、毎回の
取りだし、片づけ作業が不要になり楽
また、ある程度時間を要し、他の作業と平行して実施できる作業

③⑥について、なるべく作業に適した容器や道具を水槽近くに配置すること
毎回の作業となると、準備や後片づけが楽に感じる

④について、ここが一番効率化が見込める箇所で、我が家では以下のとおり
壁に穴をあけ、排水用のパイプを通し、濾過層にあるメインポンプから本水槽への
ホースを二分岐させて、新しく分岐させたホースにコックを付け、その先を排水用
パイプへ接続させた
これで排水したいときに、コックを排水側へひねるだけで、濾過層にある水がメイン
ポンプから一気に排水パイプへと流れ、家の外の排水溝へと流れるようになった
排水が終われば、コックを元に戻すと今までどおり本水槽へと給水される
この方式の最大のメリットは、準備や後片付けが全く要らず、コックをひねるだけで
排水作業が完了するところにある

濾過層の水量範囲内での水換えであれば、メインポンプの電源をOFF/ONする
ことがない(電源をOFFする必要がなく、付けっぱなしでOK)
つまり、水換え作業終了時にメインポンプの電源入れ忘れを原理的に防止する
このメリットは大きい
メインポンプの電源入れ忘れで、大切なサンゴや魚を失ったアクアリストが何人いたことか

小さなことだが、頻繁に水換え作業を行うことを考えると、少しでも行わなければ
ならない作業を少なくした方が良い。
道具一つ取っても、出し入れの作業がほとんど無くなるくらい、水槽の近く、さらに
云うと作業を行う際の場所付近にいつも置いておくことができれば、それだけで楽

現在の我が家の水換えに要する時間は、①②のRO水作成、海水作成の時間を
除けば準備から後片付けまででも10分掛らない

この記事を書く約1ヶ月くらい前から水換えの頻度を上げていた
最初の2週間は金・土・日曜日の3日間連続で20~30リットル/日の水換え
(水槽総量は約270リットル)
これは、仕事のある日はさすがに出来ないと思って週3日の水換えにした

ところが2週目に入った頃、明らかに全てのサンゴの状態に変化が表れ始めた
ポリープが一段と出始め、白っぽい成長点があちこちで出現し始めた

明らかにサンゴに元気が出てきていることを実感できた
その変化が堪らなくうれしかった

その頃から週3日の水換えから毎日水換えに変えた
水換えすればするほど、サンゴがそれに応えてくれる
早く帰宅して、真っ先に水換えしたい、って思う毎日だ

毎日水換えができるのも、やはり作業自体の省力化が大きな要因と考える
あと気になるのは、毎日20~30リットル水換えなので、毎月の塩代が気になる
ところだが、水換えもできない日も若干考慮して、ざっくり月5000円ほどか
全てのサンゴが元気になってくれるなら、このコストは安いと思える

水換えの頻度を上げての飼育は、昔から知られていることで特に新しいものではない
しかし、今回トリトン社の水質検査サービスで自分が使用している人工海水の成分が
丸裸に分かってしまったことから、使用する人工海水の不足微粒元素を他の添加物で
補うことで、サンゴが必要とする微量元素すべてを揃えることができると、自分なり
に理解できたことがキッカケであった

ZEOvit飼育を始めて4ヶ月目での飼育方法の一部変更である
だが、低栄養塩環境を作るためのZEOの基本となる、ZEOvit、ZEOback、ZEO
start3、Sponge Power、活性炭、ZEOリアクターは継続して使用している
理由は、SPSとって低栄養塩環境はやはり重要であること、ZEOvit自体がそもそも
低栄養塩環境を構築するシステムの一つであること、低栄養塩環境を比較的簡単に
実現できることを実感していたこと、が挙げられる

水換えに有利な環境である日本式ZEOvit?に変更した飼育で現在に至っている
今のところ飼育している全てのSPSにおいてポリープがしっかり出て成長点が全体的
に出ているので、今後どう変化していくか楽しみにしながら毎日水換えをしている

(おわり)

今宵はこれまでにしとふございます
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは^o^
ストロベリー綺麗です( ´ ▽ ` )ノ
水換えをするとストロベリーは特に喜ぶと…
以前に先生に聞いたことがあります。
日本式Zeovitシステム今後も楽しみです!

かずさんへ

コメントありがとうございます
このストロベリーは、今の水換え重視の飼育前から飼育
していましたが、過酷な我が家の水槽の中でも変わらず
プリープふさふさで飼った時の状態を維持している数少ないサンゴです
基本的にはストロベリーは非常に強いサンゴという印象があります

>水換えをするとストロベリーは特に喜ぶと…
>以前に先生に聞いたことがあります。

過酷な条件の下で我慢しているストロベリーが水換えによって
喜んだ表情をする....と理解しちゃいます(^^;

>日本式Zeovitシステム今後も楽しみです!

はい、頑張ります!
今は自分が最終的にどういったサンゴにしたいのか、
を悩みながら考えています.....(T_T)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。