Both of them are the breath of life


DSC06846_convert_20150628003628.jpg


珊瑚も好きだが、魚も好き

以前から珊瑚水槽の水質維持を重視し、珊瑚水槽と魚水槽を分けて管理していた
しばらく水槽2本体制で飼育を続けてきたが…………

 なーんか、つまらん

ミドリイシ中心の珊瑚水槽に、魚水槽からヤッコ中心に移動させ、魚水槽は止めることにした

 うん、やっぱりこっちの方が良いなぁ

珊瑚と魚との共存は、これから楽しみながら?対応していこう


今宵はこれまでにしとふございます

DSC06766_convert_20150627025956.jpg

DSC06873_convert_20150628003921.jpg

DSC06861_convert_20150628003744.jpg

DSC06801_convert_20150627030205.jpg



p.s.1〜6枚目写真は、珊瑚水槽のスナップ
スポンサーサイト

Tell the truth and shame the devil


DSC06584_convert_20150618012733.jpg

小型ヤッコ

海水魚の中で一番好きな魚種だ
シマヤッコやスミレヤッコの、めっちゃビビリ屋のくせに好奇心だけはやたら強く、
直ぐライブロックの影に隠れたと思いきや、こっそり飼育者の様子を伺うように
こちらを覗き見るような仕草をする、これが堪らなくかわいい

DSC06583_convert_20150618012638.jpg

海水魚飼育を始めて半年もしないうちに、小型ヤッコに魅了され手を出した
しかし、ヤッコやチョウチョウの導入時によく云われる「餌付け」について、
うまくいかないまま多くのヤッコをダメにしてしまった

紆余曲折して1年くらい経ってからだろうか、ようやくどうしたらヤッコをまともに
飼育できるかが分かるようになってきた
その1年は「餌付け」をどうしたらうまくいくか、「餌付け」そのものの方法に
毎日、あぁでもない、こうでもない、と考えていたっけ

今から思えば、これは全く筋違いだったと思う
ここから書くことは、これまでショップやマニアの方から教えてもらったことや、
自分自身で確認できた経験による独断と偏見だが、小型ヤッコを無事に導入する
ためには、結局のところ以下の2点に集約されるのではないかと思える

 1)健康個体選び
 2)飼育水質

1)については、言葉どおり元気な個体
  エサを食っているかどうかは関係ない
  ジッとしている元気な個体なんていない、元気があれば人も魚も自然に体が
  常に動いている
  じゃ、その元気の基準は?と云われると、変な云い方だが、初めてその魚を
  見た時に「うわぁ、この魚、元気イッパイだな!」と素直に思えるかどうか、
  それだけだ

  あと、採集から入荷までの扱いや環境が、魚の状態を一番左右するので、
  入荷の単位で健康個体が多いかどうかも、ある程度決まってくるのも実情だ

2)については、特別に導入魚のためではなく、普段の飼育水槽の水質のことである
  から日々のメンテナンスがすべてだ
  ここで細かく水質のことは書かないが、一般的な海水魚が飼育できる綺麗な水
  を常にキープできているかどうかだ

  余談だが、よく云われている、しばらく飼育できたが内臓疾患や減圧症の疑いで
  死んでしまったと思える事象も、実は水質が原因という可能性があるのではないか

  「他の魚は大丈夫なのに、導入する魚だけがなぜかうまくいかない」ってことも
  よく聞かれるが、それは先住魚はその何らか問題のある飼育水質に対して、問題
  が徐々に発生している期間に慣れるという事ができるが、導入魚にとっては、
  もう既に問題のある水質にいきなり住まわされるので、それでは弱ってしまうだろう

1)2)が重要であり、ここを確実にすれば、導入魚は放っておいてもエサは食べる
生き物なんだから、生きる為に魚自身がエサに食らいつく、それが出来ない、もしくは
困難なのは、1)2)の条件を満たしていないことが原因と考える

「餌付けのやり方」がうまく出来ていない、と考えるのは本末転倒のように思える
「餌付けのやり方」ばかり気にして、本当に大切な1)2)が疎かになっていたことが、
私自身の経験においていかに多かったことか

「餌付けのやり方」なんて知らなくても良い、もっと云えば、混泳する先住魚とのストレス
についても、そんなに深く考える必要はない

1)2)さえ十分に満たしていれば、魚は自分自身が生きる為にエサを取ったり、先住魚との
棲み分けを魚自身が考える。この「生きる為」の最低限の条件が、1)2)だと考える
 # 明らかに力の差があって追い回されてる場合は、その時になって初めて隔離すれば良く、
 # 一度は魚同士で折り合いをつけるかどうかを確かめてからでも遅くはない
 # また一般的に知られている新魚導入のテクニックとして、新魚よりも大きな先住魚や強そ
 # うな先住魚を隔離し、新魚をボスの座にしてから、先住魚をリリースする方法もある

ここまでのことに気づくまでに、多くの魚・時間・経験が必要だった
当時は小型ヤッコの入荷情報を知ると、ワクワクしながら買う気満々で店へ行っていた
人気のシマ、スミレだとすぐに売り切れになってしまうこともあり、目の前にまだ買われて
いない個体を見ると、水槽の隅でボーッとしているシマヤッコでも、実は元気な個体で餌付く
チャンスがあるんじゃないか?と考え、買うことに対して急いで納得しようとする自分がいた

1)の健康個体っていうのは、誰が見ても先ず最初に「うぁ、元気な魚だ!」って思える個体
2,3度見直して、元気かなぁ?なんて確認するようなら買うのは止める
入荷によるので一概に云えないが、実感としては毎回の入荷で必ず出会えるとは云えない....

あと細かいことだが、新魚を購入し、家のメイン水槽に導入するまでで一つ、二つ.....

導入時に薬浴や淡水浴といったトリートメントを行ってからメイン水槽に入れるケースがある
が、恥ずかしながら私はその点に疎いので、信頼できるショップで既にトリートメント済みで
あることを確認してから購入する、つまり、自分ではトリートメントは行わない

特に深い意味があるわけではないが、以前淡水魚を飼育していた時期があり、淡水魚の場合の
死亡原因の上位に誤った薬の使用によるものがあり、経験の浅い飼育者が自分の勝手な見立てで
処方する薬を選び、適当に投与することが如何に危険であるかを知っていたので、自分がやる
より長年やっているプロに任せた方が無難かなと思うだけである

次にメイン水槽への導入方法だが、自分の場合は水合わせを簡単に行い(時間にして数十分
くらい)、基本的にはそのままドボンする

絶対失敗したくないと思った魚の場合は、一応、隔離ケースに入れ先住魚と1〜2時間お見合い
させてからメイン水槽へリリースする。隔離ケース内で餌付けの訓練なんてしない

あくまで、ドボンした場合に先住魚と新魚とがパニックになり想定外のことが起こらないように
しているだけ(例えば、パニックになって飛び跳ねて水槽の外へダイブとか)
最悪の事態に備えてと思ってやっているだけで、隔離ケースの内と外とでバチバチ喧嘩状態で
あっても、1〜2時間後には必ずリリースする

隔離ケースの利用は、一般的には、先住魚との緊張緩和、餌付けの作業の為、等々と云われて
いるが、そのために隔離ケースが必要とは思えない(理由は既に1)2)で書いたので省略)

逆に隔離ケースのリスクとして、あんな狭いところで新魚が長居するとそれだけでストレスで
弱ってしまわないか?と思える
また、隔離ケースで馴らしたと思ったら、その後メイン水槽へリリースし、さらにそこで馴ら
してと、新魚に環境を2回も変更させリスクを強いている

どうせならメイン水槽で今後長く飼育するわけだから始めからメイン水槽で馴れてもらった方が
一度で済むから新魚にとって負担が少ないだろう
隔離ケースなんて狭いし、メイン水槽の方が普段から管理している一番手入れが行き届いた水質
だし、広いし隠れ場所もあるし、ライブロックやらプランクトンやらがあって、新魚には良い
環境だろう
メイン水槽で餌付けすると思えば同じこと


今宵はこれまでにしとふございます

DSC06600_convert_20150618012802.jpg

DSC06632_convert_20150618013016.jpg

p.s.1〜4枚目写真は、珊瑚水槽で飼育しているシマヤッコとスミレヤッコ

It's just a manner of marine aquarium





海水に含まれる主要なイオンを調べていたら、上位は以下であった

  【イオン】     【質量構成比:%】
 塩化物イオン       55.05
 ナトリウムイオン     30.61
 硫酸イオン         7.68
 マグネシウムイオン     3.69
 カルシウムイオン      1.16
 カリウムイオン       1.10

上記だけで全体の99.29%を締めるので、それ以外の微量元素をすべて
まとめても全体の1.0%も満たない

最近は微量元素に着目して、普段使用している人工海水で不足している
微量元素を別の人工海水や添加材から補充してた

しかし上記の6つのイオンで99%以上占めていることを考えると、これら6つの
イオンの重要性を改めて感じた

普段から気にしているかと云うと......

 ・塩化物イオン
 ・ナトリウムイオン
  → 比重計でこまめに正確にチェックできているか?
   → 結構いい加減に管理していて、少しくらい基準値からズレて
     いても気にしていなかった....

 ・硫酸イオン
  → どうやって測れば良いか分からない

 ・マグネシウムイオン
 ・カルシウムイオン
 ・カリウムイオン
  → 専用の試薬があるので測定は可能
   → 測定するも慢性的に基準値よりも低い値を示していたが
     原因が分からず有効な対応もできていなかった(前回記事参照)

 1%未満の要素を考えるより、先ずは99%の要素を優先に管理・維持して
 いくことの方が普通に考えて効果的だよな


 息子 「お母さん!またお父さんが何か魚関係で買ってきたよー!」

 妻  「今日は何買ってきたんやー!?」

 夫  「何も買ってない。冷凍エサを人と交換しただけや」

 妻  「冷凍エサの交換だけで、なんでそんな大きな発泡スチロールを
    持ってるねん?」

 夫  「.......」

 妻  「何か云うてみー!」

 夫  「.......」  

 妻  「都合が悪くなったら、お得意のダンマリかい!」

 夫  「.....これは.....ショップ廻りする時のお作法や、お作法.......」


今宵はこれまでにしとふございます

DSC06152_convert_20150531023146.jpg

p.s.1,2枚目写真は、ハリエダミドリイシ

 このハリエダミドリイシは、購入当時からの透明感をなぜか維持できている
 我が家では透明感を維持できない珊瑚が多い中、特異な存在だ
 この謎を解明するのは時間も掛るから、維持てきている珊瑚だけを
 ありがたく今後も取捨選択して残していけば良いかな.........なんか消極的....

Tried to look this change from a different...





ZEOvitを始めてからCa値が推奨値より低い日々が続いていた
Caリタクターのメンテを行い、CO2の添加スピード上げてCaメディアからの
溶け出しを期待した

しかし、一向にCa値が上がらない
そこで今から1ヶ月前くらいから照明時間以外にもCO2添加を継続し、更なる
Caメディアからの溶け出しを期待した

しかし、一向にCa値が上がらない
Caの他にKHも下がり出し、6あるかどうかだった

先週末に緑色のCO2ボンベ(通称:ミドポン)が空になった
我が家ではCO2の補充は近所の青果店で行っている
ただ、充填済みの新しいミドポンが常に店にある訳ではなく、大抵、2,3日
待つことが多い。今回も2日待った

すると不思議なことが起こった
CO2が切れて翌日に、ミドリイシを見ると何だか普段より元気になっている
よくよく見ると成長点が際立って出ていることを確認できた
毎日観察しているので、この変化に気が付いた
明らかに普段とは違う、著しい成長だった

CO2が切れて2日目、まだ新しいミドポンは届いていなく、CO2添加が無い2日目
だったが、ミドリイシの成長点はさらに広範囲に及んだ

 CaリアクターのCO2添加が無い
  → Caの溶け出しが鈍り、Ca値が低いのがさらに低くなる
   → ミドリイシの成長は鈍る

頭の中ではこう考えたのだが、実際は、CaリアクターのCO2添加が無い日を
境にミドリイシがどんどん成長している

この期間に普段の飼育と何か違ったことをした憶えは無い
普段通り10%の水換え、エサやり、水槽全面苔とり、各種ZEOvitの添加くらい

普段と違うところは明らかに、「CaリアクターのCO2添加が無くなった」こと

状況からすると、これが原因でミドリイシの成長のスイッチが入ったと考える
方が素直

 ?? なんで ??

理解できないまま、何気なくKHを測ると、それまで6くらいで低かったのが、
8にまで上昇していた

 もしかして......
  CaリアクターのCO2添加が過剰すぎて、Caリアクター内でCO2が留まらず、
  水槽内まで流れ込み、水槽水のペーハーが酸性に傾いていた......

 そういえば、Ca値が一向に上がらず、ヤケになって1秒間に2滴くらいの
 CO2添加量になっていたっけ.......

 一般的にペーハーが酸性に傾くと、KHもCaも上がりづらい
 CaリアクターのCO2添加が無くなり、普段の毎日水換えでペーハーが正常に
 戻ると、KHもCaも上昇し易くなり、結果、ミドリイシが成長する......

CaリアクターのCO2過剰添加が原因だとすると、目の前で起こっている現象
に対してほぼ辻褄が合う

普段はKHの測定はしているのだが、ペーハーの測定はしていなかった
よってCa値が低い時期のペーハーは分からないが、CaリアクターのCO2添加
を行っていない今、測定すると正常値の8.2であった

長い間、Ca値が上がらないことを悩んでいたが、これで少しスッキリした


息子 「お母さん!またお父さんが水槽の前で独り言、云っているよー!」

妻  「見ちゃダメー!アンタもお父さんみたいになるでー!!」


今宵はこれまでにしとふございます

DSC06493_convert_20150612223941.jpg

p.s.1,2枚目写真は、最近成長著しいサンゴの成長点部分

A ray of sunshine


DSC06282_convert_20150531164615.jpg


メタハラ多灯.....
照明における一番確実なサンゴの色揚げ方法ではないかと思える
色々なアクアリストやショップの方、ブログ等を聞いたり見たりした結果、
そう思える
だが、ランニングコストの割高感やエコ志向によって、今は流行っていない

サンゴの色が揚がらない時期が何ヶ月も続いた時期があった。その時は
色揚がりしないサンゴを目の前にしてイライラした精神状態が続いていて、

 「いっそのこと、高いランニングコストを掛けてでも、メタハラ多灯にした
  方がサンゴも色揚がりするし、こちらの精神状態も良くなって良いじゃん

  どうせ、色々悩んでも結果はそんなに好転しないし、メタハラ多灯にして
  いない時だって、それなりにコストが嵩むし、あれこれ無駄使いしているし」

結果が出ない苛立ちから、本気でメタハラ多灯を考えた


我が家のサンゴ水槽はリビングに置いているが、設置スペースの問題で庭への
出入りに使っているサッシの前しかなかったため、そこに置いている
(そのため庭への出入りが非常に不便)

2畳分のガラス窓サッシだが、窓越しとはいえ日差しが直接入ってくるので
厚手のカーテンをして水槽に直接日光が入らないようにしている

今までは直接日光が入ると苔が大量発生すると思って、何の迷いもなく厚手
のカーテンで遮光していた

先日、ふと遊び心から、

 「直射日光にしたら、サンゴはどうなるだろう?」

と思い、カーテンを少し開け水槽半分に直射日光が入るようにしてみた

最初に感じたことだが、普段、照明を点いている時はポリープは閉じぎみで、
消灯時にポリープが開くのに対して、直射日光が当たるサンゴが、直射日光が
当たっている時でも、ポリープを開いていたことだった
それも照明の消灯時と同じくらいか、それよりも開いたように感じるほどだった
また、心配だった苔の発生だが、以前と変わらずほとんど増えていなかった


今ではカーテンを全開して、水槽のほとんどに窓越しではあるが直射日光が
当たるようにしている
また、照明の点灯時間は以前の半分に短縮した

まだ始めたばかりの実験で結果が出ていないが、メタハラ多灯に代わる方法として
期待しちゃう毎日だ


今宵はこれまでにしとふございます

DSC06279_convert_20150531164539.jpg


DSC06270_convert_20150531164435.jpg

p.s.1,2,3枚目写真は、直接日光が当たっている時間帯のサンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。