The marine nature aquarium





 太陽光だけで照らされた珊瑚は、お世辞にも綺麗とは云えない
 しかし、光そのものの持つパワーは見る者を圧倒する
 太陽光のもとで泳ぐ海水魚も、なんだかキラキラしていて気持ち良さそうだ

 色々なアクアリウム水槽を見た時に、圧倒される瞬間が何度かあった

  群生したテーブル状の珊瑚たち
  ストレスフリーな動きの海水魚たち
  光と影が見事に調和したレイアウト........等々

 結局、圧倒される瞬間ってのは、自然を水槽内に取り込めた時なのかなぁ?

今宵はこれまでにしとふございます

DSC07404_convert_20150809020814.jpg

DSC07251_convert_20150809021216.jpg

DSC07262_convert_20150809021255.jpg

p.s.1〜4枚目写真は、太陽光が窓越しに入る時間帯に撮った珊瑚&魚水槽スナップ
スポンサーサイト

The sad human nature





「年単位で飼育」なんて言葉がマリンアクア業界であるが、別のペット業界では、
まず使用されていない言葉だろう

普通に飼育すること自体が難しいマリンアクア業界において、新しい海水魚や
珊瑚を求める人が絶えず居るし、マーケットも存在する
飼育方法の確立の遅さには関係なく、常に一定の需要があり続ける現実

もし誰一人として飼育できなかったら、もう飼う人も居なくなるだろう
現実としては、数は少ないが飼育できる人たちが居るから、自分もできると
思ってしまう........悲しい人間の性か........

 
妻 「こんな高い熱帯の珊瑚や魚を買わなくても、近くの海で海藻やサザエや
   ウニとか、魚やったらアジとかハギとか釣ってきて飼ったらタダで済んで
   いいやん。強そうやし長生きしそうやん!なぁなぁ、そうしよう!!」
   
夫 「..........それって、生け簀(いけす)やん...........」


今宵はこれまでにしとふございます

DSC07240_convert_20150803234944.jpg

p.s.1,2枚目写真は、VitalWaveだけの照明のストロベリー

我が家には必ずと云っていい程、色落ちor茶イシ化する珊瑚がある
それらは必ずと云っていい程、復活しない........無念......

Don't you know that?


DSC06088_convert_20150531022631.jpg


休日の昼下がり、ジッとしていると少し汗ばむ初夏の陽気を感じていた
コーヒーを片手にソファーに深く座りこみ、目の前に漂う、時間がそこだけ
止まったかのようなサンゴや魚たちの水槽を眺めていた


妻  「そんなに見なくても、逃げない逃げない」

夫  「.........」

妻  「そんなに水換えしなくても、キレイキレイ」

夫  「.........」

妻  「そんなに世話しなくても、死なない死なない」

夫  「.........」

妻  「さっきから黙っとらんと、何か云ったら!?」

夫  「人と違って言葉が通じないこの仔たちには、何かと人が世話をしないと
    生きていけないんだよ」
 
妻  「ちょっと待ってー! 今、何て云った?『こ・の・仔・た・ち』やとー!
    あーッ、気持ち悪ー!サンゴや魚相手に『こ・の・仔・た・ち』やてー!
    あ〜ぁ、お父さんもう病気や病気! もう変態やでー!」

息子 「エッ!? ......お母さん......知らなかったの?......」


今宵はこれまでにしとふございます

Ever Green start!


Ever Green を開始しました
サンゴ・海水魚飼育や日々感じていることを思うままに綴っていこうと思います
全くの不定期更新ですが、よろしくお願いします

DSC05100.jpg


マグネシウムの数値が推奨値にならない
対応はしているが思ったより数値が上がらない

 うーん................どうしたものか......................
 .........................................
 .........................
 ..............
 .......
 ................アレッ?.............数値が目的だったっけ?
 .........大好きなサンゴを健康に綺麗に育てることが目的じゃなかったっけ?

 
今宵はこれまでにしとふございます

 【動画】ヤッコ混泳水槽

p.s.1つ目の写真はハイマツミドリイシ
  2つ目のリンクはヤッコの混泳をしていた当時の動画

  淡水魚から海水魚へ移行した当時は、淡水魚飼育の固定観念があったため
  なかなかうまく海水魚が飼育できなかった

  ご多分に漏れず、ヤッコにハマってしまった
  ヤッコを長期飼育できるかどうかは、導入時のトリートメント、餌付け、
  ストレス対応云々よりも、個体選びでほぼ勝敗が決まっているように感じる
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。